九十九里浜の海沿いの道ともう一本平行している道

20120709kujukuri2.jpg

九十九里浜の海沿いの道は、夏になると混雑するところもあります。車の通行量が増えゆっくりとした運転になります。

好きなポイントを探すには、海沿いの道が良いのですが、行くポイントが決まっているなら、もう一本平行している道を行くことをお勧めします。

夏でも空いてる道なので、快適なドライブが出来ます。交差点も沢山ありますので、どこでも曲がれば海へ行けます。

銚子方面へ行くにも、国道126号線を行くより、この海沿いから一本平行している道を行くほうが早く着きます。


大きな地図で見る

■海の幸・・・これは食べたい!
イセエビ
(千葉県産)
あわび
(房州白浜産)
ハマグリ
(九十九里産)
岩牡蠣
(銚子産)
イワシ
(銚子産)
金目鯛
(銚子産)

(南房総産)
カツオ
(勝浦産)
さざえ
(南房総産)
アジ
(南房総産)
鯨ベーコン
(南房総)
■フルーツ・・・おいしいと評判!
房州びわ 房州いちご アムスメロン 梨(千葉県産)


スポンサードリンク

行くメンバーで最適な海水浴場を見つける
1.家族向き
2.カップル向き
3.施設充実
4.自然いっぱい
5.波が穏やか

特産品
せっかくの海だから、魚に関するお土産をご紹介。銚子や勝浦に行ったら帰りに漁港の近くの魚屋さんを覗いてみることをお勧めします。大きい魚、量を多くして安く販売しています。ちゃんと発砲スチロールに氷詰めで梱包してくれます。九十九里浜に行ったら、いわしの加工品を探してみて下さい。どれもおいしいです。館山に行くと「くじらのたれ」を探してみて下さい。そうそう「はまぐり」などの貝類もおいしいです。

ここがポイント
千葉県は、場所によって波の高さや地域性があります。青い海と白い砂浜は「千倉・白浜」地域です。絶景ポイントが数多く点在しているのが「御宿・勝浦」「小湊・鴨川」地域です。長い海岸線で夏でも空いている海でのんびりしたいなら「九十九里」地域です。

また、行く人によっても最適なポイントがあります。家族と一緒や恋人と一緒に昼間は海水浴、夜は花火大会を見ることもできます。格安の民宿もたくさんあります。

 
昨日   今日  
水着

海に持って行きたい

本日の宿を探す